座金

「座金」と呼ばれるアクセサリーのパーツがあって、ビーズに使うのですが、
売っているものを見ると、接着剤でつけたようなのもあります。
でも自然素材なので使いたくないって場合は使わず、ピン(という道具)を使って
うまくやっていくしかないのですね、
グラグラしますけど、そんなもの、としているようです。
むしろ、グラグラするくらいの方が高級で、接着剤で止めてしまうなんて
逆に安っぽさが出てしまうのです。

手にとったアクセサリーがぐらぐらしていたら嫌なものですが、だいたいそうですよ。
ダイヤモンドをしっかりとつけていると気持ちはいいけど、
逆に「え?ダイヤモンドを接着剤で止めてる?」とも思うでしょ?

ハンドメイドって難しいし最初は苦労しますけど、慣れてきます。
なんでも「えーい!って接着剤なんか使わない方がいいですよ。
パワーストーンならなおさらでしゃないかな?
もったいないし、傷つくし、パワーがなくなる気がします、
どうでしょうか?
座金は、ビーズの少し小さめを使うといいみたいです。

、、何事も慣れですね、頑張ってください(って誰に言ってる??)。

このブログ記事について

このページは、りえが2019年8月 1日 16:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「赤ちゃんの泣き声」です。

次のブログ記事は「ニコラス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。