顔かい!

役者って、顔ではなくて俳優力(っていうのかな)だと思ってましたが、
去年亡くなった梅宮さんから
「お前は顔が・・・」
と言われたのは高橋克典さんでした。

顔が地味だからやめろ、っていわれたそうです、でも、高橋さんって活躍してますよね。
(でもすごい応援してくれたんですって)

歌舞伎役者には顔のよしあしはあるそうです、顔の作りが大きい方がいいとか、
そういえば化粧も顔の作りが大きくなるとうなものにしてますね、
でも、必ずしも歌舞伎役者って顔のパーツが大きいとも思えませんが。。

まず、俳優になるのに「顔かい!」
って突っ込んでしまったのですが、、、そうなの?

どんな顔だって、その役回りというのがぁると思うけど。
キムタクみたいなのもいれば、そうじゃやに人もいる、それでストーリーってのはなりたってるのだと思うのです。

でも、活躍できる役者になっていった。
そこ実力ですよね。
だから、やっぱり顔は関係ないのだ。

そんなこといったら顔で役者に慣れてしまう人もいるのじゃないかーー。

このブログ記事について

このページは、りえが2020年3月 1日 01:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「カキ」です。

次のブログ記事は「看護師が医師になってていた。今は産業医。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。